ホーム教習会場キャンパス一覧株式会社枻出版社

学校紹介

株式会社枻出版社

インストラクターは全員映像のプロフェッショナル 
5万6000円(税別)でDJI CAMPが受講できる! 



ei-drone@ei-publishing.co.jp

※ご質問やお問合せは、上記アドレスよりお願いいたします


 エイ出版社はラジコン雑誌『RC WORLD』やラジコン飛行機雑誌『RC AIR』(現在は休刊)など、R/C業界に20年以上の実績をもちます。かねてから両誌面で特集を組むなどドローンを積極的に取り上げてきましたが、RC専門誌の責務として操縦者の育成の一助を担いたいと思い、『DJI CAMP』を2017年6月より実施しています。参加料も56,000円(税抜)という業界最安値ともいえる価格に設定したのも、ひとりでも多くのドローンユーザーがDJI CAMPに参加し、安全に飛ばせる資格を有するようにという願いからです。


 弊社のDJI CAMPは、関東屈指のドローン飛行場である『DRONE★VILLAGE八千代』のスタッフの協力のもと、徹底した少人数制で行っています。受講人数の上限を10名とすることで、参加者様へのきめ細かいフォローを可能にしています。座学ではひとりひとりの疑問点を解決することができ、実技試験の練習時間(希望者は、CAMP初日もフライトの練習をすることができます。その際にはDJIインストラクターが同行するため、アドバイスも受けることができます)では人数と時間に余裕があるため、ひとりひとりがしっかりと練習可能です。インストラクターはテレビCMやミュージックビデオ、ライブ会場での空撮などプロの現場で活躍している者が担当します。そのため、DJI CAMPの2日間では空撮のスキルアップだけでなく、貴重なノウハウも習得することができます。


 会場は千葉県の『DRONE★VILLAGE八千代』をメインとし、神奈川県横浜市の完全屋内施設の『ザ・クラブハウス横浜ベイ』や茨城県、群馬県など関東全域でDJI CAMPを行っていきます。

『ドローンを仕事にする!』『ドローンで食べていきたい!』そんな気持ちを抱いている人を、私たちは応援します。

 

お問合せ:

ei-drone@ei-publishing.co.jp

※ご質問やお問合せは、上記アドレスよりお願いいたします

 
LINK:【DJI CAMP プロモーションMOVIE ※YOUTUBE】 


【2019年スケジュール】  

Vol.22 5月18日-5月19日(土曜・日曜)
Vol.23 6月4日-5日(火曜、水曜)
Vol.24 6月22日-23日(土曜・日曜)
Vol.25 7月9日-10日(火曜、水曜)
Vol.26 7月20日-21日(土曜・日曜)
Vol.27 8月17日-18日(土曜・日曜)
Vol.28 9月3日-4日(火曜、水曜)
Vol.29 9月21日-22日(土曜・日曜)


場所:DRONE★VILLAGE八千代

千葉県八千代市島田台941-1


【お申込み、および詳し情報は下記公式WEBからお願いいたします】

LINK:公式WEB「エイ出版社のDJI CAMP」


コース紹介

DJI CAMPとは
DJI CAMPとは、DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。10時間以上の飛行経験がある操縦者が受講対象です。

DJI CAMPスペシャリスト認定講座と受講条件
10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者で、DJI製品のユーザーマニュアルを事前に熟読し、実際のマルチコプター飛行業務に従事できる者とします。2日間の座学講義、筆記試験、実技試験を受講及び技能テスト合格後、DJI CAMPスペシャリスト認定証を発行します。受講費用は、各インストラクター企業により異なりますのでインストラクター企業ページを参照ください。

教材について
DJI CAMPの座学は、DJI CAMPオリジナルのテキストを使用します。受講前にテキストを購入してください。テキストは以下サイトよりご購入いただけます。
DJI CAMP技能認定専用テキスト第5版をアマゾンで購入する

開催スケジュールとお申し込み方法

DJI CAMPインストラクター企業が開催するDJI CAMPにお申し込みください。受講費用は、各インストラクター企業により異なりますのでインストラクター企業ページを参照ください。
スケジュールはこち 

受講費用・認定証費用
受講費用はDJI CAMP主催者であるDJI CAMPインストラクター企業の開催概要を参照ください。認定証発行には、別途16,500円(税込み)必要となります。

座学講義内容

第1章 操縦者の行動規範
第2章 安全基準
第3章 禁止事項
第4章 マルチコプターの概論
第5章 電波について
第6章 気象について
第7章 飛行について
第8章 DJI製品について
第9章 法律について


認定テスト

①飛行計画レポート作成:50点満点
②飛行技能テスト:50点満点
③最終オンラインテスト(選択問題):100点満点

※①、②テストに合格した受講生は、最終オンラインテストを受験できます。

技能テスト内容

1. 機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
2. 離陸(A) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
3. ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
4. 右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
5. 対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
6. 前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
7. 対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
8. 8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
9. ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
10. 着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。


今すぐ申し込む

講師紹介

荒木一成

荒木一成

あらき・かずなり 茨城県のインターネットTV「いばキラTV」の制作を経て2016年よりドローン空撮をメインとした映像クリエイターとして独立。ミュージックビデオ、CM、TV番組の空撮のほか、ラジコン専門誌のDVD制作なども手がける。

山本大介

山本大介

やまもと・だいすけ ラジコン飛行機・ヘリ・ドローン専門誌である『RCエアワールド』(エイ出版社)元副編集長。業界歴15年以上の経験と知識を指導に活かす。空撮歴は5年以上、現在はピークス株式会社所属のドローンパイロットとして大手クライアントのCM、テレビ番組、PVから雑誌まで、様々な空撮業務に携わっている。

古舘佳史

古舘佳史

ふるだて・よしふみ 元レコーディングエンジニアで、ライブPAなど音響制作に15年ほど携わる。その後ドローンパイロットに転職。空間認知能力と距離判断能力に優れる知覚統合IQ142という有利なスキルを活かし、GPSなどのビジョンポジショニングが効かないATTIでの室内ライブや興行イベントなどの高難度な状況下でのフライト、さらにはサーキットで走行しているクルマなど、動きのある被写体の撮影を得意とする。

田村慎一郎

田村慎一郎

たむら・しんいちろう JUIDAスクール認定講師。わかりやすい授業と丁寧な講習が定評の人気講師。1対1の個別指導形式のスクール形態ながら、開校からわずか1年で70名を超える生徒を卒業に導く。DJI機の販売やカメラにも精通し、受講者の希望に応じたオリジナルの講習も行っている。200時間以上の飛行実績を誇り、大手ハウスメーカーの空撮や自動車メーカーのCM撮影も手掛ける。

学校イメージ

キャンパスへの問合せ

  • 電話番号

    メールでお問合せをお願いいたします
  • メールアドレス

    jped@uastc.com
  • 住所

    〒276-0004 千葉県八千代市島田台941-1