UAVリモートセンシング撮影

UTC関連情報

更新時刻:2020-01-29
ホームお知らせUTC関連情報

【本プログラムはファームアイ社とUTCが監修しています。


▼プログラムの特徴

本プログラムは、UAVの使用経験に関わらず、農業の生産性向上や品質の向上に関わる全ての方を対象としており、様々な現場・ケースに対応できるようなプログラムとなっておりま。受講者は本プログラムを通して、UAVを活用したリモートセンシングに必要な知識、操縦技術及び具体的な手順を、正しく、体系的に習得することができます。

またオンライン学習システムを導入し、座学で学ぶことができるカリキュラムをオンライン上で受講することが可能です。ご自身の都合に合わせて受講することができますので、


本講習(技能認証)は「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」として国土交通省航空局ホームページに掲載されています。講習修了者は、無人航空機の飛行申請を行う際に、提出する申請書類の一部((様式3)審査栄所、無人航空機を飛行させるものの追加基準への適合性)を省略することができます。


各コースの詳細およびお申込みは下記メールアドレスまでお願いいたします。


【初級コース】

 ■日数
  3.5日(※オンライン学習システムを利用することで2.5日に短縮可能)

 

 ■対象者
  農業に携わったことがある方
  ※ドローンの飛行技術・経験は問いません

 

 ■カリキュラム
  1.リモートセンシング概論
  2.UAV概論
  3.P4 Multispectralについて
  4.データ取得方法
     5.データ解析

 

【中級コース】

 ■日数
 2.5日(オンライン学習システムを利用することで1.5日に短縮可能)


 ■対象者
  農業に携わったことがある方
  実技テストに合格できるスキルをお持ちの方

 ■カリキュラム
  1.リモートセンシング概論
  2.UAV概論
  3.P4 Multispectralについて
  4.データ取得方法
     5.データ解析


【実技テスト内容

1.飛行前の安全確認
2.機体コンディションチェック
3.離陸(Pモード)
4.ホバリング(Aモード) 1分間
5.右or左のホバリング(Aモード)  1分間 
6.対面ホバリング(Aモード)  1分間
7.前進してポールまで飛ぶ (Aモード) 
8.対面で離陸地点に戻ってくる (Aモード) 
その他、自動飛行に関する実技テストがございます。





お申込み/お問合せはこちらまで!


sensing-info@farmeye.co.jp



さらに詳しく

UTCを日本で開校(2018.9.7)

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を本日より日本で開校します。