advantage

教育プログラム

 

UTCでは、2つの教育プログラムを提供しています。


■産業ドローンパイロット教育
個人、企業のお客様のご利用が可能で、基本的な飛行訓練、産業アプリケーション、認定試験、認定証の発行を含み、操縦士や企業がドローン運用の安全性、効率性、業務品質を総合的に向上させることができるトレーニングサービスです。空撮、測量、点検、農業といった分野での即戦力となるパイロットを育成するプログラムを提供します。

<測量>

  • UAV写真測量-初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION
    UAV(ドローン)による写真測量は、より安全で生産的な測量/計測作業を実現します。本プログラムは、総合機械メーカー コマツとDJIが共同で開発しています。UAV操縦経験の有無に関係なく、測量、建設業務に携わったこと、学んだことがある全ての企業または個人を対象に、写真測量の目的、役割、手順とUAVの知識、操縦方法、法律などを体系的に学びながら、実践的な実習を行います。ドローン初心者向けコースとドローン中級者向けコースの2つのコースをご用意しています。




DJI CAMP


DJI CAMPは、DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社が、主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。10時間以上の飛行経験がある操縦者が受講対象です。

国土交通省航空局ホームページでは許可承認時に「資料の一部を省略することができる無人航空機」として、DJIマルチコプターのほとんどが登録されています。また、DJI CAMPは、航空局ホームページに掲載する無人航空機の講習団体及び管理団体としても登録されています。ますますDJIのマルチコプターを安全に運用できる操縦者が求められており、DJI CAMP技能認定取得したいと要望も年々高まっています。

10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者で、DJI製品のユーザーマニュアルを事前に熟読し、実際のマルチコプター飛行業務に従事できる者とします。2日間の座学講義、筆記試験、実技試験を受講及び技能テスト合格後、DJI CAMPスペシャリスト認定証を発行します。

50時間以上の飛行操縦経験があり、過去に国土交通省に無人航空機の飛行に関する許可・承認に係る申請を経験した操縦者で、DJI CAMPスペシャリストの教育、監督、技能資格の認定を行い、同時に認定責任を負います。2日間の座学講義、筆記試験、実技試験を受講及び技能テスト合格後、DJI CAMPインストラクター認定証を発行します。DJI CAMPインストラクター認定講座は非公開で開催しており、受講候補者には、事前に、DJI CAMP運営事業計画を提出いただく他、DJI JAPANとの面談をお願いしています。