ホーム教習会場キャンパス一覧シー・エフ・デー販売株式会社

学校紹介

シー・エフ・デー販売株式会社

シー・エフ・デー販売株式会社は、PC周辺機器メーカー「バッファロー」を中核とするメルコグループの企業であり、DJI JAPAN 正規販売代理店です。

国土交通省航空局ホームページに「無人航空機等の操縦者に対する技能認証を実施する講習団体」として登録されております。

弊社が開催するDJI CAMPを修了された方は、無人航空機の飛行許可申請を行う際、一部資料が省略可能となります。


弊社は、東京を中心にDJI CAMP技能認定プログラム DJI CAMPスペシャリスト認定講座を展開しており、官公庁・自治体様や新聞社様、建設会社様、

映像制作会社様など多岐にわたる講習実績がございます。

製品や無線通信に精通した、フライト経験の豊かな教官によるわかりやすい講義は

受講者様より高い評価を頂いております。


「安全な運航」に重きを置いた講義を、アクセスの良い立地でリーズナブルな価格で御提供致します。

業務でマルチコプターを運用される方々に広く御利用頂き、皆様の安全運航にお役に立て頂ければと存じます。


────────────────────────

【料金】

受講費用: 50,000円 (税込55,000円)

(また、合格後に認定証発行費用: 15,000円 (税込16,500)が別途必要となります)


【開催スケジュール




■2020年3月12日(木)-13日(金)

場所:(株)バッファロー東京支店、ミズノフットサルプラザ千住





□────────────────────────□

 


(DJIスペシャリスト認定講座 実技試験について)

Phantomシリーズ以外を業務利用されているお客様の受講増加に伴い、

実技試験開始前に試験用機体の確認を行える時間を設けております。

初めてPhantomシリーズを操縦される方はお申し付け下さい。



また、出張対応でのDJI CAMP開催も承っております。お気軽にご相談下さい。(料金等、別途ご相談となります。)



コース紹介

DJI CAMPとは
DJI CAMPとは、DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。10時間以上の飛行経験がある操縦者が受講対象です。

DJI CAMPスペシャリスト認定講座と受講条件
10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者で、DJI製品のユーザーマニュアルを事前に熟読し、実際のマルチコプター飛行業務に従事できる者とします。2日間の座学講義、筆記試験、実技試験を受講及び技能テスト合格後、DJI CAMPスペシャリスト認定証を発行します。受講費用は、各インストラクター企業により異なりますのでインストラクター企業ページを参照ください。

教材について
DJI CAMPの座学は、DJI CAMPオリジナルのテキストを使用します。受講前にテキストを購入してください。テキストは以下サイトよりご購入いただけます。
DJI CAMP技能認定専用テキスト第5版をアマゾンで購入する

開催スケジュールとお申し込み方法

DJI CAMPインストラクター企業が開催するDJI CAMPにお申し込みください。受講費用は、各インストラクター企業により異なりますのでインストラクター企業ページを参照ください。
スケジュールはこち 

受講費用・認定証費用
受講費用はDJI CAMP主催者であるDJI CAMPインストラクター企業の開催概要を参照ください。認定証発行には、別途16,500円(税込み)必要となります。

座学講義内容

第1章 操縦者の行動規範
第2章 安全基準
第3章 禁止事項
第4章 マルチコプターの概論
第5章 電波について
第6章 気象について
第7章 飛行について
第8章 DJI製品について
第9章 法律について


認定テスト

①飛行計画レポート作成:50点満点
②飛行技能テスト:50点満点
③最終オンラインテスト(選択問題):100点満点

※①、②テストに合格した受講生は、最終オンラインテストを受験できます。

技能テスト内容

1. 機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
2. 離陸(A) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
3. ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
4. 右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
5. 対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
6. 前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
7. 対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
8. 8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
9. ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
10. 着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。


今すぐ申し込む

講師紹介

高橋 宏明

高橋 宏明

同社にて多くの実証やデモフライトを担い、また法人・官公庁へのDJI製マルチコプター講習の講師を務める。無線通信や法律・製品に長く携わった経歴と培った技量をもとに、わかりやすく実践的な講習を心掛けている。

麻生 大輔

麻生 大輔

長年プロカメラマンとして活動しており撮影の実践的な知識と経験を持つ。また、法人営業で様々な業界へマルチコプターの提案活動を行っており、製品知識・技量ともに十分な蓄積を有する。

学校イメージ

キャンパスへの問合せ

  • 電話番号

    03-4213-1144
  • メールアドレス

    jpcfd@uastc.com
  • 住所

    東京都千代田区丸の内1丁目11番1号 パシフィックセンチュリープレイス丸の内15F