ホーム教習会場キャンパス一覧一般社団法人 日本ドローンビジネスサポート協会

学校紹介

一般社団法人 日本ドローンビジネスサポート協会
(一社)日本ドローンビジネスサポート協会では、ドローンのビジネス活用について様々なサポートを行っております。

ドローンをビジネスで活用するためには飛行技術に加えて様々なスキル・ノウハウが必要となります。その中でドローンビジネスを始めるうえでの基本となる知識、技術として「DJI CAMP」を開催しております。


【専門業務資格】
当協会では、更にビジネスとして活用するために、
・空撮
・測量
・散布

・赤外線診断
・運航管理

の各分野の専門資格について国土交通省認定講習を実施しています。


その他にも
・安全/リスク管理研修
・調査/赤外線点検研修
・SfMソフト研修
・スクール運営研修
・ドローン営業研修
など、企業様の業務に応じたカスタマイズ研修を開催しています。

【ビジネスサポート】
当協会では各業務別に
・販促ツールの紹介
・飛行計画指導
・コスト、リスク管理指導
・成果納品物指導
などを行っております。

ドローンを現在のビジネスに+(プラス)することで新たな可能性が生まれます。


【国土交通省登録】

当協会は「航空局ホームページに掲載されている講習団体を管理する団体」に登録されています。


【開催日程

随時開催しております。お気軽にお問い合わせください。
※全国で開催可能です。

○DJI CAMP

 4月18-19日(奈良) 終了
 6月20-21日(奈良) 終了
 7月16-17日(大阪)
 7月18-19日(奈良)
 7月23-24日(熊本) 延期
 8月5-6日(大阪)
 8月22-23日(奈良)
 9月19-20日(奈良)
 10月24-25日(奈良)
 11月20-21日(奈良)
 12月19-20日(奈良)



○UAV写真測量(初級・中級)

 4月22-25日(岡山) 終了
 5月27-30日(広島) 終了






コース紹介

本プログラムは、総合機械メーカー コマツとDJIが監修しています
このプログラムでは、UAV操縦経験の有無に関係なく、測量・建設業務に携わったこと・学んだことがある全ての企業または個人を対象に、写真測量の目的・役割・手順と、UAVの知識・操縦方法・法律などを体系的に学びながら、実践的な実習を行います本プログラムは、Phantom 4 及びGround Station Proを使用したUAV写真測量です。


本講習(技能認証)は「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」として、国土交通省航空局ホームページに掲載されています。講習修了者は、技能証明書等の写しを提出することで無人航空機の飛行申請を行う際に、提出する申請書類の一部((様式3)申請書、無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性)を省略することができます。



対象者測量・建設業務に携わったこと、学んだことがある方。ドローンの飛行経験・技術は問いません。



認定基準:オンラインテスト、飛行計画レポート、実技テストの合格基準点が必要です。

講習開催スケジュール

※講習開催スケジュールは、各キャンパスページでご確認ください。

 HELICAM株式会社(北海道)
 株式会社コア ライン(青森)
 晃洋設計測量株式会社(とちぎUAVフィールド)(栃木)
 株式会社FLIGHTS(東京)
 Dアカデミー株式会社(Dアカデミー関東 本部)(神奈川)
 東洋テック株式会社(三重)
 株式会社神戸清光(大阪)
 株式会社ふるさと創生研究開発機構(大阪)
 有限会社エルダーシステムコンサルタンツ(石川)
 一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山)
 SKY LOOP JAPAN(山口)
 株式会社空撮技研(香川)
 株式会社blue(熊本)
 南榮工業株式会社(宮崎)
 DRONES GATE (株式会社エアリアルワークス)(鹿児島)


催行人数:最小4名、最大8名


使用機体:Phantom 4 Pro もしくはAdvance

※お持ちでない方は各キャンパスへお問い合わせください。一部キャンパスでは貸出も行っております。


カリキュラム

  1日目:[座学]初めてのドローン    [実習]ドローン操縦スキル(初級)
  2日目:[座学]ドローン関連知識、飛行計画策定    [実習]ドローン操縦スキル(初級)
  3日目:[座学]写真測量関連知識    [実習]操縦スキル(Aモード)、写真測量訓練
  4日目:[座学]コマツUNISURVEY実習  [実習]写真測量訓練  [テスト]飛行計画テスト、飛行実技テスト


講習に持参いただくもの
Phantom 4 シリーズ / iPad / microSDカード・リーダー / ノートPC  / 実習作業着(長袖、長ズボン、安全靴、ヘルメット) / 事前配布するテキスト類


お申込み方法
   ①「今すぐ申し込む」を押す
   ②受講を希望するキャンパスを選択し、希望日程を記入する
   ※キャンパスの一覧は、ウェブサイト上部の「教習会場」よりご覧いただけます。   
   ③必要な情報を入力する
   ④「申し込む」を押す

   ※申し込みが完了後、追ってキャンパスよりメールにてご連絡致します。


実技テスト内容
◆フライトスキルテスト(使用機体:Phantom4 pro)
1   機体コンディションチェック
2   飛行前の安全確認
3   離陸(Pモード) 
4   ホバリング(Aモード)1分間
5   右or左のホバリング(Aモード) 1分間 
6   対面ホバリング(Aモード) 1分間
7   前進してポールまで飛ぶ(Aモード) 
8   対面で離陸地点に戻ってくる(Aモード) 
◆自動飛行アプリ関連テスト(使用機体:Phantom4 pro)
9   GS Proの飛行ルートや設定の確認
10  GS Proを使った飛行(Pモード)
11  GS Pro自動飛行(Pモード)⇒手動飛行(Pモード)へ切り替え
12  探り舵を行い、手動着陸(Pモード)
13  GS Proで撮影したデータの品質

オンラインテストについて
・オンラインテストは、実技テストおよび飛行計画レポートの基準点を満たすことで受験することができます。
・オンラインテストは不合格となった場合、1回まで再受験することができます。


本教育プログラム開発背景をテーマにしたインタビュー記事も公開中

『「誰でもできる」がコンセプトコマツのドローン写真測量教育プログラム』


エアロエントリーDJI保険10%割引に関する情報は、以下のリンクよりご確認ください。

https://www.uastc.com/jp/utc_huifeinews/show/422.html




00edited.jpg
01edited.jpg
03edited.jpg
今すぐ申し込む

本プログラムは、総合機械メーカー コマツとDJIが監修しています
このプログラムでは、UAV操縦経験の有無に関係なく、測量・建設業務に携わったこと・学んだことがある全ての企業または個人を対象に、写真測量の目的・役割・手順と、UAVの知識・操縦方法・法律などを体系的に学びながら、実践的な実習を行います。本プログラムは、Phantom 4 及びGround Station Proを使用したUAV写真測量です


本講習(技能認証)は「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」として、国土交通省航空局ホームページに掲載されています。講習修了者は、技能証明書等の写しを提出することで無人航空機の飛行申請を行う際に、提出する申請書類の一部((様式3)申請書、無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性)を省略することができます。

対象者:測量・建設業務に携わったこと、学んだことがある方で、本ページ下部記載の実技テストの内容もしくはそれに準ずる飛行を行なったことがあり、実技テストに合格できる技能をお持ちの方

認定基準
:オンラインテスト、飛行計画レポート、実技テストの合格基準点が必要です

講習開催スケジュール 


※講習開催スケジュールは、各キャンパスページでご確認ください。

 HELICAM株式会社(北海道)
 株式会社コア ライン(青森)
 晃洋設計測量株式会社(とちぎUAVフィールド)(栃木)
 株式会社FLIGHTS(東京)
 Dアカデミー株式会社(Dアカデミー関東 本部)(神奈川)
 東洋テック株式会社(三重)
 株式会社神戸清光(大阪)
 株式会社ふるさと創生研究開発機構(大阪)
 有限会社エルダーシステムコンサルタンツ(石川)
 一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山)
 SKY LOOP JAPAN(山口)
 株式会社空撮技研(香川)
 株式会社blue(熊本)
 南榮工業株式会社(宮崎)
 DRONES GATE (株式会社エアリアルワークス)(鹿児島)



催行人数最小4名、最大8名

使用機体:Phantom 4 Pro もしくはAdvance

※お持ちでない方は各キャンパスへお問い合わせください。一部キャンパスでは貸出も行っております。


カリキュラム


1日目 [座学]ドローン関連知識、飛行計画策定

2日目 [座学]写真測量関連知識    [実習]操縦スキル(Aモード)、写真測量訓練

3日目 [座学]コマツUNISURVEY実習  [実習]写真測量訓練  [テスト]飛行計画テスト、飛行実技テスト

講習に持参いただくもの

Phantom 4 シリーズ / iPad / microSDカード・リーダー / ノートPC  / 実習作業着(長袖、長ズボン、安全靴、ヘルメット) / 事前配布するテキスト類

お申込み方法

  ①「今すぐ申し込む」を押す
  ②受講を希望するキャンパスを選択し、希望日程を記入する
   ※キャンパスの一覧は、ウェブサイト上部の「教習会場」よりご覧いただけます。   
  ③必要な情報を入力する
  ④「申し込む」を押す
   ※申し込みが完了後、追ってキャンパスよりメールにてご連絡致します。

実技テスト内容

◆フライトスキルテスト(使用機体:Phantom 4 Pro)
1   機体コンディションチェック
2   飛行前の安全確認
3   離陸(Pモード) 
4   ホバリング(Aモード)1分間
5   右or左のホバリング(Aモード) 1分間 
6   対面ホバリング(Aモード) 1分間
7   前進してポールまで飛ぶ(Aモード) 
8   対面で離陸地点に戻ってくる(Aモード) 
◆自動飛行アプリ関連テスト(使用機体:Phantom 4 Pro)
9   GS Proの飛行ルートや設定の確認
10  GS Proを使った飛行(Pモード)
11  GS Pro自動飛行(Pモード)⇒手動飛行(Pモード)へ切り替え
12  探り舵を行い、手動着陸(Pモード)
13  GS Proで撮影したデータの品質


オンラインテストについて
・オンラインテストは、実技テストおよび飛行計画レポートの基準点を満たすことで受験することができます。
・オンラインテストは不合格となった場合、1回まで再受験することができます。


本教育プログラム開発背景をテーマにしたインタビュー記事も公開中
『「誰でもできる」がコンセプトコマツのドローン写真測量教育プログラム』

エアロエントリーDJI保険10%割引に関する情報は、以下のリンクよりご確認ください。

https://www.uastc.com/jp/utc_huifeinews/show/422.html



00edited.jpg
01edited.jpg
03edited.jpg
今すぐ申し込む

DJI CAMPとは
DJI CAMPとは、DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。10時間以上の飛行経験がある操縦者が受講対象です。

DJI CAMPスペシャリスト認定講座と受講条件
10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者で、DJI製品のユーザーマニュアルを事前に熟読し、実際のマルチコプター飛行業務に従事できる者とします。2日間の座学講義、筆記試験、実技試験を受講及び技能テスト合格後、DJI CAMPスペシャリスト認定証を発行します。受講費用は、各インストラクター企業により異なりますのでインストラクター企業ページを参照ください。

教材について
DJI CAMPの座学は、DJI CAMPオリジナルのテキストを使用します。受講前にテキストを購入してください。テキストは以下サイトよりご購入いただけます。
DJI CAMP技能認定専用テキスト第4版をアマゾンで購入する

開催スケジュールとお申し込み方法

DJI CAMPインストラクター企業が開催するDJI CAMPにお申し込みください。受講費用は、各インストラクター企業により異なりますのでインストラクター企業ページを参照ください。
スケジュールはこちら

受講費用・認定証費用
受講費用はDJI CAMP主催者であるDJI CAMPインストラクター企業の開催概要を参照ください。認定証発行には、別途16,200円(税込み)必要となります。

座学講義内容

第1章 操縦者の行動規範
第2章 安全基準
第3章 禁止事項
第4章 マルチコプターの概論
第5章 電波について
第6章 気象について
第7章 飛行について
第8章 DJI製品について
第9章 法律について


認定テスト

①飛行計画レポート作成:50点満点
②飛行技能テスト:50点満点
③最終オンラインテスト(選択問題):100点満点

※①、②テストに合格した受講生は、最終オンラインテストを受験できます。

技能テスト内容

1. 機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
2. 離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
3. ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
4. 右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
5. 対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
6. 前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
7. 対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
8. 8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
9. ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
10. 着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。


今すぐ申し込む

講師紹介

森本宏治

森本宏治

空撮・調査・測量・散布など各業務フライト及び講師・講演実績が豊富。実業務に則した指導を行う。

松本尚訓

松本尚訓

DJIインストラクター。同協会のトレーナーとしてドローンを仕事で活用する方々への指導、導入サポートを行います。

浦達也

浦達也

DJIインストラクター。ドローンで地域・仕事の新たな魅力を引き出し、ドローンを有効活用できるように皆様をサポート致します。

学校イメージ

キャンパスへの問合せ

  • 電話番号

    086-948-2761
  • メールアドレス

    jpdbs@uastc.com
  • 住所

    〒704-8165 岡山市東区政津255-2