「誰でもできる」がコンセプト コマツのドローン写真測量教育プログラム

UTC関連情報

更新時刻:2019-02-05
ホームお知らせUTC関連情報

2015年、i-Constructionが導入されてからドローン測量のニーズは高まり続けており、それにあわせて最先端の正しい手法を学ぶことの重要性も上がってきています。コマツは、建設現場のあらゆる情報をICTで繋ぎ、安全で生産性の高い「未来の現場」を実現するソリューション事業「スマートコンストラクション」を20152月に日本で開始しました。それと同時に、コマツ社内でドローン測量の人材育成に取り組んできました。そのノウハウを余すところなく反映させ、ドローンを扱ったことがない方も安心して受けていただける教育プログラムをこの度リリースしました。今回は、その教育プログラム開発の担当者である、株式会社小松製作所の番上勝久様にお話を伺いました。




現場で培ったノウハウを本教育プログラムへ


事をなさっていますか?あわせて、本教育プログラム開発へのかかわり方を教え


もともと現場で測量士として仕事しておりました。現在も現場でドローンの写真測量を行っておりますが、基本的には測量作業は測量パートナーにお願いして、私自身は年に一回更新されるi-Constructionの要領を確認し、それをどのようにして現場に落とし込むのか、また、コマツが行なうスマートコンストラクションと如何に連携して進めていくかということを検討し、現場の作業フローやマニュアルに落とし込むということを行なっております。

今回の教育プログラムに際し、私自身が現場で培ったノウハウを、現場レベルで利用できるところまで詳細に記載したテキストを作成することで、より実践的なものにしようと心掛けました。

また、ドローンでの写真測量のメリットは、早い、簡単というイメージが強いと思いますが、実際のところどうなのかはよく判らないというのが現場の方々の感覚だと思います。そうした不安を取り除くために、一定の訓練を受ければ「誰でも」ドローンによる写真測量を行うことができるプログラムにしようと心掛けて作成いたしました。


コマツが提供するドローン写真測量の特長と解決する課題について 


そもそも、ドローン写真測量の最大のメリットは、地上からの測量に比べて、測定やデータ収集にかかる時間と費用を大幅に削減できる点にあります。

地上でトータルステーションやGNSS測量機器を用いた測量を行うと、測量対象の広さに比例して日単位の時間がかかりますし、セスナ等の航空機を飛ばして測量を行うのには非常に高額なコストがかかります。そういった今まで解消できていなかった側面を一気に解消できるのがドローンを用いた測量です。

また、ドローンの価格も従来に比べるとかなり安価になっており、導入コストの低さもドローンを用いた測量の魅力の1つです。

 

ー今回コマツが提供するUNISURVEYを使用したドローン写真測量の手法について教えて


 「ドローンで現場の写真を撮影し、その画像データをUNISURVEYにアップロードする。」利用者が行う作業はそれだけです。従来のやり方に比べると圧倒的に時間コストも労力も削減できます。

ただ撮影を行うにはドローンやカメラの設定、自動航行アプリの使い方、細かい調整方法などを知っておく必要がありますので、そこは講習で学んでいただければと思います。

 また、UNISURVEYはクラウドサービスですのでお持ちのPCの性能に関係なく解析処理を行うことができます。設備投資も必要ないという意味ではかなり使い勝手がいいと思います。

費用も従量課金制をとっておりますので、使った分だけしかかからないのも魅力の一つです。この講習ではUNISURVEYのご紹介と具体的な使い方の解説も行います。

<UNISURVEYの詳細はコチラ>



プログラムの特徴


手法を学べるこの教育プログラムの内容について教えていただけますか?


まず、現場で培ってきたコマツのノウハウを、より実践的な視点から記載している点は、この教材のいいところだと思います。写真測量を行ったことがない方、ドローンを飛ばしたことがない方にもわかるように、写真測量の概念や原理から具体的な手順、またトラブルシューティングまで網羅的かつ体系的にまとめることに注力しました。

また、この講習を受け終わった方がすぐに現場で活用できるように、実践的なカリキュラムを組んでおります。講習の中では、実際にドローンを飛行させ点群データの作成までの一連の作業を行っていただきます。そうすることで、すぐに現場で活用できるノウハウを身に着けていただこうというのが狙いです。

本講習では、ドローン写真測量に関する知識と経験が豊富で且つドローンスクール講師として十分な経験のある方が教えてくれます。インストラクター養成のための講習とテストをクリアしたインストラクターが行ないますので、安心して受講いただけるところもこの教育プログラムの良いところだと思います。



講習のご案内


i-Construction
が今後加速していく中で、ドローンによる写真測量は建設現場から切っても切り離せない技術となることが予想され、今後必要となるノウハウです。

ですが、なかなかドローンに触れる機会がない、導入しようと思っていても学べる場がないといった声が多いと思います。

今回、コマツとDJIdoで行なうこの教育プログラムは、そういったご要望にお応えできるカリキュラムを組んでおり、幅広い方にご受講いただける内容となっています。

ぜひこの機会に受講していただければと思います。


申込方法


ドローンを使用したことがない方でも安心して受講いただける【ドローン初心者対象】プログラムと、ドローンを扱ったことがある方向けの【ドローン中級者対象】プログラムを準備しております。

各コースの詳細は下記リンクよりご確認いただけます。


【ドローン初心者対象】UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION 


【ドローン中級者対象】UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION


さらに詳しく

UTCを日本で開校(2018.9.7)

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を本日より日本で開校します。